色々試してもダメだった方!ニキビ(にきび)治す消す効くケア対策ランキング

ニキビの原因は毛穴トラブルとアクネ菌

毛穴トラブル ⇒ ニキビができるまで

@乾燥・ストレス・ホルモンバランスのくずれによって過剰に皮脂が分泌。毛穴を押し開げます

 

A食生活、普段のスキンケア、ストレス、乾燥、紫外線などの要因で、ターンオーバーが乱れ、古い角質が剥がれ落ちず角質肥厚(かくしつひこう)になり、過剰な皮脂とその古い角質が混ざり合って、角栓となり毛穴づまりを起こします。

▼ ▼ ▼ 【毛穴トラブル発生】 ▼ ▼ ▼

B 毛穴に溜まった皮脂を栄養に、アクネ菌が繁殖。炎症を起こし、赤ニキビを発症

 

C 炎症が進み、膿がたまり始めます。これが黄ニキビと呼ばれるものに。この段階になると、ニキビが治った後も、赤ニキビよりさらに、メラニンによる色素沈着を起こしたり、ニキビ跡(クレーター)が残る可能性が高くなります。

▼ ▼ ▼ 【ニキビトラブル発生】 ▼ ▼ ▼

 

原因は、いろいろと複雑ですが、毛穴のトラブルを食い止めるためのケアができれば殆どのニキビは防げます

大人ニキビと思春期ニキビの違い

・思春期ニキビ

 

→赤く腫れ上がる形が特徴。

 

→おでこ(額)や鼻などのTゾーンにできやすい。

 

正しいケアを行えば改善が期待しやすい

 

⇒治す方法と対策は

 

・大人ニキビ

 

→赤ニキビ、白ニキビ、黒ニキビ等症状がさまざま。

 

→首筋やアゴ周り等のUゾーンにできやすい。

 

→原因特定が困難なため思春期ニキビに比べ治療が難しい

ニキビが悪化する要因

白ニキビ⇒黒ニキビ】

皮脂(アブラ)が溜まり、渋滞状態。どんどん“毛穴”を広げようとします。 溜まっていた皮脂が毛穴から顔を出し、空気に触れた皮脂が酸化して黒くなります。

 

黒ニキビ⇒赤ニキビ】

毛穴の中に詰まっていた皮脂をアクネ菌などが一気に繁殖して、炎症を起こし始め、赤く膨れ上がります。

 

赤ニキビ黄ニキビ

アクネ菌などの菌が暴れまくり、毛穴の組織が壊されていくと、うみを持ち、ニキビが黄色に変わります。

ニキビが出来る部位と主要因

▼おでこ(額)ニキビ

 

・思春期の頃に多くあらわれがちです。

 

・成長期によるホルモンバランスの乱れが主要因

 

・前髪がおでこにあたって刺激を与えたり、シャンプーの洗い残しが原因になることもあります。

 

⇒治す方法と対策は

 

▼生理前ニキビ

 

・黄体ホルモンの影響と共に、肌が本来持つ免疫力が衰えていることが主要因

 

・生理前にできるニキビは、思春期のニキビと同じ治療方法では治りません。

 

・生理前でもニキビにならない人がいるのは、健康な肌を維持しているから。

 

⇒治す方法と対策は

 

▼鼻ニキビ

 

・皮脂腺が発達しやすく皮脂の分泌の多い部分なので、毛穴が詰まりやすいのが主要因

 

・紫外線が当りやすいためそれも要因になることも。

 

・女性の場合、紫外線に加えて油分の多いファンデによりターンオーバーが遅れて出来ることもあります。

 

⇒治す方法と対策は

 

⇒いちご鼻の治す方法と対策は

 

▼頬ニキビ

 

・大人ニキビの代表的な発症部位と言われています。

 

ホルモンバランスの乱れが主要因(大人も思春期も)

 

・顔の中でも面積が広い頬は、外的刺激を受けることが多く、紫外線・埃風等にさらされるため、ターンオーバーの乱れからも出来ることがあります。

 

⇒治す方法と対策は

 

▼口周りニキビ

 

・皮脂分泌がおちついた20代中盤以降に発生することが多い大人ニキビです。

 

・シェービングや口の周りを触ってしまうことで出来てしまうケースも多々あります。

 

・食生活も大きく関係し、脂っぽい物ばかり食べたりと、偏食気味の方は要注意です。

 

⇒治す方法と対策は

 

▼アゴ周りニキビ

 

・ホルモンバランス、皮膚の乾燥が主要因

 

・男性ホルモンが盛んな部位のため、毛穴の入口が硬くなり、皮脂分泌も増加するため、ニキビ発生に繋がり易いです。

 

⇒治す方法と対策は

 

▼胸ニキビ

 

・汗や皮脂分泌が主要因

 

・汗が染みついた衣服からの刺激も要因になります。

 

・シャンプーリンスの洗い残しにも原因があります。

 

⇒治す方法と対策は

 

▼背中ニキビ

 

・寝汗が原因で出来ることがあり、特に寝汗と運動後の汗が付いた衣服からの発生が多いです。

 

・洗濯洗剤、柔軟剤が肌に合わない場合に一番影響を受けるのが背中のため、ニキビが出来ることがあります。

 

・日焼けから発生してしまうことも多く、皮膚の角質が硬化することによって発生するこも多々あります。

 

⇒治す方法と対策は

 

▼お尻ニキビ

 

ニキビができる原因は、過剰に分泌された皮脂による毛穴詰まり。

 

そこに悪玉アクネ菌が繁殖しニキビが形成されます。

 

お尻は皮脂分泌が多い部位です。

 

また、通気性も悪く、摩擦も多いので、過剰な皮脂分泌が起ります。

 

そのために、お尻の角質は厚くなってしまいます。

 

厚くなった角質は毛穴をふさぎ、アクネ菌の温床になりやすくなるのです。

 

皮脂分泌が多く、常に肌ダメージを受けているお尻は、ニキビができやすい条件がそろっています。

 

⇒治す方法と対策は

 

▼ニキビ跡の種類

 

・赤みが残るニキビ跡(赤みタイプのニキビ跡)

 

毛穴が詰まりニキビができると、アクネ菌が繁殖し炎症を起こします。免疫反応により炎症した肌を治そうと患部に毛細血管が増えるので、その部分が赤くなって見えるのです。

 

 

・色素沈着のニキビ跡

 

ニキビ跡が茶色っぽいシミになるのは、お肌で生成されたメラニンが原因です。

 

 

・クレータータイプのニキビ跡

 

重度ニキビの炎症が治まると、デコボコしたニキビ跡が残ることがあります。これは肌の再生に関わる真皮にまでダメージが及んでしまった証。正常な部分と真皮が傷つけられた患部とで、新陳代謝が均一に行えなくなるために起こります。

 

⇒治す方法と対策は

 

▼頭皮ニキビ

 

シャンプー・育毛剤・整髪料などのヘアケア剤を、頭皮に残ったままにすると刺激になりニキビが発生し易くなります。

 

すすぎ湯が熱すぎたり、ドライヤーの熱風が当たったりしてもニキビ原因になります。

 

また、ここは重要ですが頭皮ニキビだと思っていると、実は「脂漏性皮膚炎」の場合があります

 

⇒治す方法と対策は

大人ニキビを治す方法

最も効果的な改善法が「洗顔」と「保湿」

洗顔は、洗顔料に要注意です。

 

油分の含まれるものや合成界面活性剤使用の洗顔料の使用は控えてください。

 

最善なのは、ぬるま湯で優しく洗うこと。

 

ゴシゴシ洗うと余計にニキビに刺激を与えてしまうので、丁寧に汚れを落としましょう。

 

次に保湿力の高い化粧水を使ってきちんと保湿することが大切ですが、その化粧水選びで大事なのが洗顔料同様、油分でお肌に刺激を与えないように「ノンオイル」を選ぶこと。

 

ビタミンCは大人ニキビの万能成分

ビタミンCは大人ニキビを治す効果が沢山含まれている万能成分です。

 

ビタミンCは、大人ニキビを早く治すために必要不可欠な「ターンオーバー」を促してくれる効果と強い殺菌効果を持っています。

 

そしてニキビが治っても悩まされるニキビ跡や色素沈着も、ビタミンCが持つ美白効果で修復することができるのです。

 

これだけの大人ニキビ改善効果があるビタミンCは、化粧品から摂取することができます。

 

でも、ビタミンC配合ならなんでも効果的なわけではなく、より効果が望める高濃度で浸透性の高いビタミンC誘導体を選ぶことが大切です。

 

⇒ビタミンC誘導体について詳しくは

 

そして、食べ物から摂取することも大事です。

 

ビタミンCは、パセリ、レモン、ピーマン、イチゴ、ブロッコリーなど新鮮な野菜から取り入れることができます。

 

内からも外からもビタミンCの摂取を心がけることで、大人ニキビを治すだけでなく予防にもつながるでしょう。

 
 

 
美容皮膚科 市販薬ランキング 男性ニキビ イオウ製剤系 プロアクティブ効果ない ケミカルピーリング系